<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>




祈り

アナウンサーが
哀しいニュースを告げている
テレビの画面は
開けるのが怖いパンドラの箱
 
裸足で泣いてる異国の少年
彼の瞳に映るのは
モノクロームの風景だろう
わたしは名前も知らないけれど
 
地球儀ひとつ抱きしめて
くちびるで詩うよ ささやかな祈り
想いは瞬きのスピードで
深い森に似た夜を駆け抜ける