<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>





切符

ほしかったのは一枚の切符
あなた行きの片道切符
乗ることの許されない電車を
ひとりぼっちで見送る
想いは木の葉のスピードで
風の中を舞い落ちてゆく







切符

あげたかったのは一枚の切符
ここから始まる旅の切符
なのに君に見送られて
僕は ひとりぼっちで旅立つ
想いは遠山の紅葉を燃やし尽くし
やがてくる雪の予感に震える


♪ 返詩 by 南雲 翁 さん ♪



♪music by 金沢優樹さん♪