<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>








喪失

星砂にも似ていた ふたりの愛が
指の透き間から零れ落ちてゆく
蒼白くて哀しい空間は
抱擁でも塞ぐことができない
赤いペディキュアが剥がれた爪先
その痛みを手のひらで抱く晩夏