<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>



白い船

渚に置いた白いサンダル靴を
さざ波が船のように運んでゆく
あなたへの想いも
優しく連れ去ってね

人魚姫になりたい わたしと
王子さまになれない あなた

ちいさな物語が
夏の海で終わりを告げる
恋の形見がほしくて
わたしは白い貝殻を探し続ける