<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>





狂想曲

愛される度に少しずつ
旋律の狂ってゆくピアノ
あなたの指が乱暴でも
音符の位置がずれても平気
わたしが怖いのは
セピア色の想い出になる日