<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>





化石

哀しみという波が
君をさらって
深海に沈めてゆく

誰もいない海の底では
永遠のような時が
魚になって
瞳の前を通りすぎてゆく

君は黙ったまま
ひざを抱えて
アンモナイトの化石になる