<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>







ピエロ

彼は右の頬で微笑み
左目から涙を流している
その色は化粧と似ているので
誰も悟ることが出来ない
わたしは ずっと ここに居る
彼が手品師でも道化師でも