<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>







ブルー

間違いばかり繰り返すから
ガラスの破片で傷だらけ
言葉は思うより深く刺さるね
夢のような君の微笑みは
憂鬱を溶かしてくれるけれど
届かない指は ゆらゆらと
冷たい水の中を泳いで沈み
ブルーの片想いは
水槽の底で眠り続けている
僕が目覚めるのは いつだろう?