<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>




宝島

ランドセルの少女だった頃
よく遊んでいた
想い出の場所がある

春が夏に
「こんにちは」と挨拶する時
しろつめ草のカーペットが
わたしの視界いっぱいに広がる

初恋の君と
4枚の葉を探したけれど
なかなか見つけられなかったね

白い花で
ネックレスを作るのだけは
得意だったけれど
今は編み方を忘れてしまったよ

あの宝島は
ずいぶん前に駐車場になった