<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>







アリス

想い出町の五丁目にある
図書館を訪ねてみる
愛読していた童話の表紙は
セピア色になったけれど
ページを捲れば
いつの間にか主人公になる
小鳥が鳴いて風が唄う
風が唄えば木の葉もわらう
そして陽光の中を
軽快なスキップで跳ねてゆく
わたしは今
アリスになって
三月ウサギや帽子屋と
お茶会を楽しんでいるところ