<TOP PAGE><BACK PAGE>








ナチュラル・ライフ

誰かと向き合う素直な気持ち
もう永いこと忘れていたみたい
真っ直ぐに見つめてくれる瞳は
飾らない僕でいいよと伝えてくれる

君は胸に棲んでる弱い仔猫も
隠さないで連れているんだね
僕も壊れかけてしまった過去を
そんなに嫌わなくてもいいのかな

ふたりが重ねてゆく時間に
ハーブの花が咲いて香り始める
何気ない言の葉は風になり
明日へと吹いてゆくのが見える



music by Sora Aonami