<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>








かくれんぼ(1)

あなたが見つけてくれるのを
耳と鼓動は待っていた
日焼けした横顔が まぶしくて
麦わら帽子を目深に被る
突然の夕立が意地悪をしても
帰りたくなかった夏が恋しくて



かくれんぼ(2)

遠くなった背中に呟くの
ひとつ願いが叶うなら
愛しい横顔を見ていたかった
今度は あなたが かくれんぼ?
頬を伝って止まない雨は
四季の想い出に降り続く




♪music by LUNAさん♪