<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>






BabyPink

窓の向こうへ連れていって
いつか置き去りにしてきた
淡いピンク色の時間へ
あなたに住む少年が微笑めば
ウェンディになれるの
つないでほしいのは
ピーターパンみたいな右手



♪ 詩 by じゅん ♪




ネバーランド

手をつないだら思い出せるよ
果てしなく広がる青い空
風に乗って飛んでゆく浮遊感
僕の右手を離さないでね
ネバーランドの花の香を感じたら
目を しっかり開けてみて
失われた少女の時間が甦る



♪ 返詩 by 龍星さん ♪




時計のない場所

ティーカップに花びらを浮かべ
妖精たちと お茶会しましょう
お菓子の缶に入れてある
なつかしい手紙を読み返せば
過去と今は輪になって
あたたかい涙が零れてゆく
大人の時計を忘れられる場所
もう少しだけ ここに居させて



♪ 返詩 by じゅん ♪



♪ SOUND by MACHIさん ♪
(無断転載・二次加工は禁止です)