<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>







葡萄園

八月の中旬になったら
あの葡萄園を独りで訪ねよう
いつかの夏と変わらずに
瑞々しく熟れているはず
果実など口に含まなくても
彼のくちづけは想い出せる