<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>




万華鏡

骨董品のように眠る万華鏡を
久しぶりに起こしてみる
ちいさな窓から見えるのは
オルガンの練習をしている少女
鏡の部屋に座っているのは
愛なんて知らなかった わたし
とおい遠い日に想いを馳せる