<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>
 






さみしさアイス


君のさみしさを僕に分けてね
お揃いの銀色スプーンで
アイスクリームのように掬えば
蒼色の感情も愛しいと想えるさ
その器が空っぽになるまで
もう片方の手を つないでいるよ