<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>





真夏のサンタクロース


運命のあなたに巡り逢えた確率は
賢いコンピュータにも計算できない

8月の太陽シャワーを浴びて
思春期の微熱へと駆け出してゆくの
なつかしい島にある秘密の宝は
感性のスコップで掘り出せるでしょ

ふたりが愛し合うことの不思議は
きっと数学者にも解けないミステリー

黒いサングラスのあなたが
オレンジのようなキスをくれたよね
ジーンズの似合う背の高いサンタ
秋も冬も春も わたしに愛を届けるの