<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>




軌道

きみへの想いなら
光の速度にも
負けないんじゃないか
これは
ぼくの錯覚だろうか
 
30万キロなんて
あっという間さ
そう思うのは
ぼくのエゴイズムだろうか
 
錯覚とエゴを
この両腕に抱いて
子午線の真上を
駆け抜ける
 
想いが
軌道を外れたとしても
修正する予定は
今のところ無いんだよ
ごめんね