<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>



五月の風

桜の蕾が春を詩う
君と見つめる満開の花は
いつの日も美しい
散りゆく儚さの次のページには
葉桜の季節が待っている
爽やかな若みどり色に目を細め
わたしは五月の風になる