<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>






散ってゆく花びらを
押し花にして栞を創ろう
君の面影を
恋の形見として残すため