<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>




カナリア

鳥かごに鍵をかけて
君を哀しませた
弱くなってゆく囀りに
耳を塞いで

君を閉じ込めたのは
間違っていたと
今は解るけれどね
プライドが邪魔をした

僕が差し出す餌を食べ
歌い続けてほしかったんだ
ごめんね
君は小鳥で僕は猫だったのに

急いで扉を開けるから
その羽を広げてほしいよ
風に抱かれて
君だけの空を飛んでゆけ

♪ 詩 by じゅん ♪






鳥かご

ちがうよ この涙は
あなたのせいじゃない
あの空を恋しく想ったのは
嘘ではないけれど…

あなただけの私でいれたから
幸せだったのよ
だけど…あなたを
ひとり占めできなかった

ただ見送るしかない私は
飛ぶことも歌うことも忘れた
飾り物の小鳥…でもね

扉を開けてくれたから
ずうっとあなたの傍にいるわ
自由になった心で
あなたと同じ空を見るの

♪ 返詩 by カノンさん ♪



♪music by LUNAさん♪