<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>







水色の蝶

あなたの部屋を訪ねてゆく
ポエムの花束を
恋人のように抱いて

ドアのチャイムを
わたしは
千回も鳴らしてみたくなる

水色のリボンは
夢が こわれないように
そっと解いてね

もう一度あなたが結べば
わたしの空で
いつの間にか蝶々になる


♪ 詩 by じゅん ♪






水色のリボンをほどくと
言葉たちが踊り出す
どれも嬉しいの
涙の蜜をたっぷりと
詩(うた)が蝶になって
どれも優しいの
青空のなか どこまでも
真昼の星に届くまで


♪ 返詩 by 太陽法子さん ♪



★ 1999年5月25日の千回アクセス記念 ★