<TOP PAGE><NEXT PAGE><BACK PAGE>







飛ぶ青空

野球をする少年たちの声が
校庭から聞こえてくる日曜日
瞳のナイフで
青空を正方形に切り抜いて
ひこうきを折ってみたくなる

水彩画の少女のような横顔を
ふいに僕は想い出して
空色のひこうきを飛ばしてみる
レースのカーテンが揺れる
君の部屋の窓辺まで届くように